システムエンジニアなどの技術系の職種は何かと腕前が良ければ良いと考えられがちですが、決してそんなことはありません。もちろん最低限の技術は欠かせない要素となりますが、一方でエンジニアの仕事はプロジェクトチームを中心に進んでいくことが多いため、マネジメント力やコミュニケーション能力も必須の要素となるのです。

そのため、履歴書を記入する際にも経験や技術などをアピールしても良いですが、やはり人間力で勝負ができるようでなければなりません。基本的な技術やスキルを記載するよりも、現場でどのような実績を上げてきたのかとか、視覚的には判断できないようなアピールポイントを記載した方が高い得点を稼ぐことができるのです。

経験者の場合は、そうした実績を上げることが有効ですが、未経験者はどのように履歴書を書いたら良いでしょうか。未経験者の場合、まず実績などを記載することができませんから、資格などがあればまずはそれから記入していきましょう。それと近い分野の業務経験があるならば、重要なアピールポイントとなるので是非とも記入したいところです。

未経験者の場合は特に、技術的な知識やノウハウよりも、やはり人間的なアピールをした方が有効かもしれません。自分にはどれほどの好奇心や向上心があるのかということを魅力的に伝えることができれば、担当者の目により止まりやすくなります。やる気や人間力でアピールするということを心掛けると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です