システムエンジニアの重要性が、日に日に増していますが、むろん組織として活動をしている場合には、管理職の占める役割は格段に大きな責任を背負うことになります。ありとあらゆるカテゴリーにおいて、管理職が担う役割は一般社員に比べれば極めて大きなものです。

自ら築き上げてきた経験をもとに、配下におかれた人員の力を引き上げていくことも仕事です。与えられた社員の個性を最大限にいかしながら、目標達成に向けて努力を重ねていく必要があります。場合によっては、新規に人員を採用する場合に面接などを任されるケースもあります。出身大学や持っている資格などを参考に履歴書の内容なども総合的にみることが求められます。

管理職として注意しなければならないのは、履歴書や職務経歴書などの内容だけで合否などを判断してしまうことです。有望な人材を取り逃すことにつながってしまいます。システムエンジニアが活躍する現場においても、管理職の下す判断は、絶対的なものとして受け入れられています。管理職が組織全体に与える影響力の大きさは計り知れないものです。その分、間違った決断をすることは許されません。組織の運命を握っているといっても過言ではありません。

大切なのは、部下の意見にも耳を傾けることができる柔軟性を持つことです。もちろん、管理職自身が、システムエンジニアとしてのスキルやノウハウ、実績を持っていることが前提になります。人の上に立つことは、容易なことではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です